壮大な職権乱用【映画】

映画『ブラック アンド ホワイト』を見ました。




あらすじ―

CIAの敏腕エージェントFDR(クリス・パイン)とタック(トム・ハーディ)は国家の為に銃弾の雨をくぐり抜けながらミッションをこなす日々。
FDRは典型的遊び人でナンパに明け暮れ真剣な交際には踏み込まない。
タックは別れた妻と長男を想う余り次の恋に踏み出せないでいた。
そんな二人が偶然にも同じ女性ローレン(リース・ウィザースプーン)に真剣に恋をしたから、さぁ大変。
スパイ技術を駆使した2人の男の戦いが始まる―



感想。
くだらなくて笑える映画でした(笑)
双方互いの恋路を邪魔しようと、盗聴、偵察衛星、無人偵察機とありとあらゆるスパイ技術を駆使します。
同僚には極秘事案の調査だと言いながら、彼女のプライベート情報を集め公私混同、職権乱用祭りw
昔ある漫画で「おまわりさんに好かれたら大変-なぜなら尾行が得意だから」みたいなネタがありましたが、
スパイに惚れられるのも大変ですねw

ただ、個人的な感想ですが、ヒロインの女性が私的にそれほど好みではないというか。
2人の男をそこまで狂わせるほど美人さんかなぁ、と。
画面に映る度に顔の一部分が気になってしまいました。
どちらかと言うとチャーミング系なのかな。

あとは2人の男性と付き合うということで、やれベッドで試せだのヒロインの友人の下ネタがヒドいw
そういう意味でもくだらなさ爆発でした。
お隣に座っていた男性は座席が揺れるほど身体を震わせて笑ってました。
ライトなラブ・コメディなのでカップルで見るのもアリでしょう。

そんなくだらない映画でも得る物があるとすれば

「人生に『失敗』はない」

でしょうか。
どういう意味かは映画を見てのお楽しみ、ということで。


予告編を見た時から予測していましたが、
くだらなくて笑える映画を見たい気分で見たら期待通りの映画でした☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック