魔法少女フェイトちゃん

映画『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』を見て来ました。

なのは公式サイトにリンク貼ってあるけど、
サークルKサンクスの限定ティッシュBOXとかピザハットの限定パッケージとか
また凄い事になるんだろうなぁ…。
だって、劇場行ったらプログラム「入荷待ち」で買えないしw
初日とかも凄かったらしいじゃないですか。
【速報】新宿で謎の行列【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´)



あらすじ(なのはのこと知らないで見に行く人いるのかなw)


海鳴市の私立聖祥付属小学校に通う高町なのはは、
将来の夢も漠然としか持たないごくごく普通の小学三年生だった。
だが、ある日奇妙な夢を見る。
『魔法』と呼べる不思議な力で戦う少年と奇妙な獣。
奮戦するも少年は獣の攻撃に倒れてしまう。
翌日なのはは、夢で見たのと同じ場所を通りかかる。
頭に響く助けを求める少年の声。
なのはは夢で見た場所へ向かうとそこには傷ついたフェレットが倒れていた。
そう、この出会いこそが平凡な小学生高町なのはに起こる最大の転機だった―





感想。(小ネタバレ含む)
魔法少女フェイトちゃんでした。

今回の劇場版は都築真紀氏がNewtype1月号で
「あくまで『なのはの物語』だったTV版から、劇場版は『なのはとフェイトの物語』になったことで、
フェイト側の描写にも十分な時間が割けるようになって~」
と語っていたようにフェイト側の事情がしっかりと描かれていたので、
フェイトちゃん寄りな印象を受けました。
何故プレシア母さんがフェイトちゃんを「失敗作」と忌み嫌ったのかとか分かりましたし。
(私が忘れているだけかも知れないが…)
個人的にはなのはさん派だったのですが、劇場版を見てフェイトちゃんもちょっと好きになって来ていたり。

見所はやはり空中戦でしょうか。
空戦魔道師同士の戦いがハイスピードで描かれるので迫力があります。
惜しむらくはカメラアングルをもう一二工夫すれば、更に良い画になったんじゃないかなぁと。

ストーリーは13話分を2時間15分に収める為にはしょる所ははしょった印象ですが、
重要な部分は全て描かれていたので通して見る分にはまとまっているのかな、と。
削られた部分でも好きな話もあったのですが。
まぁ、それはTVシリーズをDVDで見直せば良いと言う事で(^^;

あと、皆さんお待ちかねの変身シーンも気合い入ったのあるよ!(;゚∀゚)=3

「The MOVIE 1st」と言う事は、A'sも期待していいんですかね?!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック