トランスフォーマー リベンジ

映画『トランスフォーマー リベンジ』を見て来ました。

あらすじ。
前作から2年が経ち、主人公サムも大学生に。
寮生活となるため恋人ミカエラとの遠距離恋愛に不安を抱きながらも新しい生活の準備に入る。
その頃ディセプティコン(デストロン)残党狩りをしていた
オプティマス・プライム(コンボイ)たちオートボット(サイバトロン)は敵の出現分布から
ディセプティコンたちがまだ「何か」を探し回っていると考える。
そんな折、荷造りをしていたサムは偶然にも前回の戦いでカギとなった
オールスパークのカケラを発見。
そして、またもや地球の命運を左右する戦いに巻き込まれていく―。


以下感想。
相変わらずトランスフォーマー達の活躍をCGで楽しむ映画。
正直サムの私生活の描写はそこまで尺を取らなくても良いのでは?とも思った。
まぁ、私が戦闘シーン見たくて行ったせいもあろうが。
後半は戦闘シーンの連続だが、今度は逆にそればかりでもちょっとダレた。
やはりメリハリと言うのも大切なんだなぁと。

次、トランスフォーマー好きな視点の感想。

メカ。
デバスターキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!

あちら名前ではコンストラクティコンズ デバステーターとなっているが、
我々トランスフォーマー世代の間では「ビルドロン デバスター」。
建設機械から変形するロボットが更に6体合体して巨大ロボになる強力なメカでした。
友人が持っていてすごく羨ましかった記憶がある。
やっぱり合体モノは燃えますね。
個人的には合体ロボの中ではサイバトロンのガーディアンが好きだった。

それとコンボイ(オプティマス・プライム)司令官相変わらず落下グセがw
アニメでも高い崖の上に立ったり、空高く飛ぶと落ちて来ることが多々あったが、
本作でもよく落下するw
スタッフも原作アニメを見て笑いながら研究したに違いない。
次は是非「私にいい考えがある。」をやって欲しいものだ。




それと見ていて分かりにくかったり、後から分かった点。
シルバーの車が双方に出て来たので分かりづらかったのだが、
上がオートボット側のサイドスワイプ(車種:GMシボレー・コルベット)、
下がディセプティコン側のサイドウェイズ(車種:アウディR8)。
(画像参照にアフィリエイト画像引っ張って来たのでリンク先は売り切れの場合あり)




ちなみにアニメ版ではそれぞれサイドスワイプ=ランボル(ランボルギーニ カウンタック)、
サイドウェイズ=ダブルフェイス(バイク)でした。


ユーザレビュー:
バイク型TFの傑作ハ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



あと、デモリッシャーって元々ショベルカーだったんですね。
何かロボット形態見ると二輪車みたいだけど。
もっともあんなバカデカい二輪車無いかw


個人的にはメガトロンの更に上司がいるのが、何だかなぁ。
やはりデストロンのリーダーはメガ様がいい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック