愛くるしいロボット

映画『WALL・E(ウォーリー)』を見て来ました。

「トイ・ストーリー」や「モンスターズ・インク」、「ファインディング・ニモ」など数々の名作CGアニメを生み出して来た
PIXAR作品なので、期待して行って来ました。

感想は…
期待を裏切らない良作でした。
いつもながらPIXAR作品は話の作り方がうまい。
笑えて感動できるお話を作らせたらトップレベルだと思います。

そして、主人公のWALL・E(ウォーリー)がとても愛おしい。
無人の地球で毎日ゴミ処理をするロボットなのですが、
変化の無い日常に自ら楽しみを見出したのか、
ガラクタの中から自分のお気に入りを集めて飾っています。
WALL・Eはちょっぴりドジだけど、けなげで一途で何とも愛くるしいロボットです。

このWALL・Eのようにロボットが心を持つお話は、
どれも感動的な物が多いですね。
WALL・Eを見て、まず思い出したのが子供の頃に見た『ショート・サーキット』
軍用ロボットが落雷を受け、心を持つと言うお話だったと思います。
(1はお勧め、2は…^^;)



WALL・EはPIXAR作品の例に漏れず、
笑えて少し考えさせられて、そして感動できる映画です。
お子さんはもちろん、大人でも楽しめる映画だと思うので、個人的に超お勧めです。



あらすじ~

ゴミで溢れかえった地球から人類が脱出して700年―
その間1人で日々ゴミ処理作業を続けていたロボット、WALL・E。
彼はそんな日常の中、ゴミの中から自分のお気に入りを集める事が楽しみだった。
そして、ある日今まで見た事の無いようなとても珍しいモノを見つける。
彼はそれを大事に持ち帰り保管した。
―数日後、突如轟音と共に宇宙船が降り立つ。
中から現われたのは白く美しいロボット、イヴだった。
WALL・Eはイヴに惹かれ、お近づきになりたいと思うのだった。
だが、イヴが地球に来たのにはある理由があった…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック