周瑜殿白兵戦仕様

映画『レッドクリフ PartI』を見て来ました。
(注:ネタバレ含む)
三国志の元のお話は見る前にあらすじをちょこっと読んだにわかなので、
間違ってたらごめんさい。


三国志で最も有名な赤壁の戦いを扱った物と聞いて
壮大な歴史スペクタクルを期待して見に行ったのですが…
メインの水軍の戦闘が始まるかな~、って所でPart2に続く…で終わってしまいました(´Д`;)

更に、2時間25分と言う長さは、
体調のせいもあるけど眠気を誘った。

物語は荊州に南下して来た
魏の曹操の大軍に追われる
劉備軍とその民の敗走から始まり、
長坂坡での趙雲による阿斗(劉備の赤ん坊)の救出劇、
そして、魏に対抗する為に呉に共闘を呼び掛け、説得。
緒戦となる地上戦で魏の騎兵部隊を周瑜と劉備軍が打ち負かして終わります。

(ちゃんとした「赤壁の戦い」のあらすじはコチラをご参照ください)

で、最初の長坂坡での趙雲や張飛達の必死の抗戦と
最後の騎兵との戦いの間が…
孔明と周瑜や孫権のやり取りを経て魏との戦いを決心する所やら、
周瑜と奥さんである小喬とのイチャイチャがダレる…。
映画を盛り上げる演出的には必要なのかも知れないけど
何かオーバーだったり短絡的だったりしてちょっと…。
孔明と周瑜のやり取りにしたって、
本当はもっとお互い腹の探り合いや
どちらが騙し騙されるかぐらいの巧妙な駆け引きだったと思うのだが、
あっさりし過ぎてて何だかな。


更にこの映画でツッコミたい所は…
趙雲や張飛が武器も持たずに敵軍に突っ込む!
装備し忘れたんでしょうか?w
途中で群がる敵の武器を奪い取って次々になぎ倒すんですが、
関羽なんかの戦闘シーンでは自分の武器(青龍偃月刀?)を投げて一人倒した後は
次々に相手を倒す>そいつの武器を奪って次の相手を倒す…の繰り返しで
何か次々に関羽に武器を手渡しているように見えて滑稽でしたw

で、最大の驚きは周瑜殿の戦闘能力の高さw
コーエーの歴史ゲームなら戦闘80か90ぐらい行ってるんじゃないか、と思うほど。
あんた、軍師じゃないんかw
この映画の主役だからしょうがないんでしょうけど、
それにしても関羽や張飛も真っ青なアクションを見せてくれますw


やはりこれはあくまでジョン・ウー監督のアクション映画であって、
『三国志』とは別物と思って見た方が良いのかも。
Part2は2009年4月公開予定だそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック