正統派香港アクション映画

映画『インビジブル・ターゲット』を見て来ました。

タイトルだけ聞くと何ぞや?と思う方もいるかも知れませんが、
「2008年、ジャッキーに代わり、香港警察を担うはこの3人。」
と言う煽り文句にもあるように香港警察の姿を描いた映画で、
監督も2004年の『香港国際警察/NEW POLICE STORY』のベニー・チャンです。
更に、ジャッキー・チェンの息子ジェイシー・チャンも出ています。

感想は…
まさに「香港アクション映画」と言った感じ。
ガラス割れまくりの派手なカンフーアクション、カーチェイス、
ボンボン弾ける爆弾とお約束の見せ場がしっかりあります。
特に敵のボス、ヨン・サン(ウー・ジン呉京)が強い!
空中で何回蹴ってるんだ?ってぐらいキレのあるアクションすると思ったらそれもそのはず。
中国の武術大会で4回もチャンピオンになる程の腕の持ち主。
その経歴から第2のジェット・リーとも呼ばれているそうな(師匠も同じ人だそうです)
監督インタビューによれば、主演3人もノーCGで体当たりでアクションシーンを演じているそうで、
エンドロールにはお約束のNGシーンもちょこっとあります。
ジャッキー・チェンの映画を見て育った私にとっては久しぶりに香港アクション映画を見た~!と言う印象でした。
いわゆる香港アクション映画を堪能したい方にはおススメです。

ジャッキー・チェンの息子、ジェイシー・チャン房祖名は…正直華が無いかな、と。
今作では生真面目な現場警官(いわゆる制服のおまわりさん)と言う役柄だったが、
それが合っていると言うぐらい見た目の特徴が乏しいと言うか。
もちろん役柄でそう見えると言うのもあるのだろうけど。
今後の成長に期待したい。

しかし、この映画は続編て作るつもりはあるのかなぁ???
可能であればまたこう言うテイストの作品見たいんだが。


【作品紹介】
爆破事件で婚約者を亡くしたチャン刑事(ニコラス・ツェー)、
その事件を起こしたヨン・サン達に苦杯をなめメンツを潰されたフォン警部補(ショーン・ユー)、
そして、その犯罪グループに行方不明の兄が潜入捜査していると知ったワイ巡査(ジェイシー・チャン)
3人は奇しくも同じ犯人を追うことに。
そして、事件から半年を経て突如活動を活発化させたヨン・サン(ウー・ジン)達にもある目的が…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • インビジブルターゲット

    Excerpt:  『大航海』で小谷野敦が、ネクラという言葉は「笑っていいとも」でタモリが使い始めた、と書いているが、たしかそのまえの「笑ってる場合ですよ」で九十九一が「ネクラ万歳」というコーナーをやっていたはずだ。も.. Weblog: 聖なるブログ 闘いうどんを啜れ racked: 2008-09-11 13:42