全シリーズCGアニメでも良いんじゃない?

映画『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』を見て来ました。

今回はCGアニメと言う事で、今までの実写シリーズを見慣れて来た人にはどうなんだろう?
と思いましたが、見てみると結構良かった。

激しく光線銃の飛び交う中、敵の大軍に切り込むシーンなどは
なかなかに迫力と臨場感があり、思わず身体まで動きそうに(^^;
実写と特撮を駆使した初期の作品も素晴らしかったですが、
やはり進歩したCGアニメならジャバ・ザ・ハットなどの宇宙人もお手の物。
マスター・ヨーダなんて他の作品と変わりませんw

CG映像の違和感もそこまでないし、
これなら他のシリーズもCGアニメで作っても良いのでは?
と思える程でした。
まぁ、実写版には実写版の良さと言うものもあるのでしょうね。

相変わらずの宇宙を舞台にした冒険譚ですが、
その分見る者の期待に過不足無く応えてくれると思います。
「娯楽作品」が見たいなら丁度良い映画だと思いました。

ただ…前作見てから時間が経っているので、
登場人物を忘れているw
お話的にはエピソード2クローンの攻撃とエピソード3シスの復讐の間のお話なんですが、
エピソード2の話をもう忘れてるw

今調べたらエピソード2のあらすじは…(私的編集によりだいぶはしょってます)


          遠い昔、遥か彼方の銀河系で…

パドメ・アミダラ元老院議員暗殺未遂事件により彼女を護衛する任務に着いた
アナキン・スカイウォーカー(後のダース・ベイダー)と彼の師匠のオビ・ワン・ケノービ。

アナキンとパドメは掟で禁じられていたものの、次第に惹かれ合っていく。
一方パドメ暗殺未遂の犯人を追っていたオビ・ワンは惑星カミーノで
犯人である賞金稼ぎジャンゴ・ヘッドを元にした数十万体のクローン軍の製造を知る。
クローン軍は何者かがジェダイの騎士の名前で発注した物だった。


だが、捜査をしていたオビ・ワン、そしてオビ・ワンを助けに向かったアナキン、パドメも捕まり
3人は闘技場で縛られたまま放たれた猛獣により処刑されようとしていた。
そこへ他のジェダイの騎士たちが救出に現われ、
敵のバトル・ドロイドの大軍と大乱戦に。

数で劣るアナキン達ジェダイ勢は敗北寸前に追い込まれるが、
そこへマスター・ヨーダがクローン軍を引き連れて加勢に現われ一気に形勢逆転。
敵の親玉であるドゥークー伯爵とヨーダが激しいライトセーバー戦を繰り広げるが、
あと一歩で逃げられてしまう…。



と言った感じで、

今回のクローン・ウォーズは…
共和国からの分離主義派(のちの独立星系連合)はドゥークー伯爵の下、
共和国と激しい戦闘を繰り広げていた。
そんな中で戦略的に重要な外縁地域を支配するジャバ・ザ・ハットの息子の誘拐事件が起き、
ジェダイを初め共和国側は戦争を優位に進める為にもジャバの息子の捜索依頼を受け、
アナキンとオビ・ワンの2人に命じるのだった…。



さて、概ね満足なこの映画でしたが、1つ気になった点。
それは…

アナキン・スカイウォーカーのケツアゴ

この辺見てもらえれば分かると思いますが、見事にアゴが割れてます。
主人公なのに何故?w
と言うか、他の映画でもそうですが、
アメリカ映画では割と美男系キャラがケツアゴだったりしますよね。
シュレック2でもシュレックが美形になった~!と思ったらやっぱりケツアゴだし。
アメリカ的美意識ではケツアゴが良いんでしょうかね?w

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年08月26日 23:20
こんばんわ!初めてお邪魔します。私もこの作品、見てきたばかりです!
私も見ながら、CGアニメーションになっても違和感無いな~と楽しんできました☆
yone
2008年08月28日 00:39
初めまして、マキサさん。いらっしゃ~い☆

>違和感無いな~

ですよね~。
宇宙が舞台のSF物なので、
CGと言う表現手法はうってつけだと思います。
戦闘シーンも宇宙船、歩兵戦どちらも迫力ありましたし。
今後のCGアニメ映画も楽しみです。(WALL・Eとか)
ではでは(^^)/

この記事へのトラックバック